[研究集会]


平成24年5月22日

大学等環境安全協議会の皆様
 同実務者連絡会の皆様

大学等環境安全協議会実務者連絡会
 代表 長崎大学 田平泰広


実務者連絡会研究集会のご案内


 昨年度は東日本大震災や台風などで多くの方が被災し、厳しい一年でした。今年度が大きな災害が無い、平和な一年であることを祈念しております。
 さて、大学等環境安全協議会実務者連絡会では、下記のとおり研究集会を計画しましたので、ご案内します。




開催日時:  平成24年7月26日(木) 9:00〜11:30
開催場所:  九州大学医学部百年講堂 1F中ホール
       http://www.med.kyushu-u.ac.jp/100ko-do/
開催目的:
大学等においても、化学物質管理の適正化を目的として化学物質管理システムが導入されてきました。しかしながら「システム」や「データベース」といった単語は複数の意味に解釈されるものであることから、運用方法や体制、Webプログラムの機能・性能、そして化学物質情報マスターデータベース(以下、試薬マスタ)、といった各個の問題が切り分けされないまま表面的な議論に終始することが多く、各大学等で実効性のある情報交換が成立し難い状況にありました。そこで、今回は特に試薬マスタの維持管理に焦点を当てて議論を行い、問題点やノウハウの整理と共有化を試みます。もって各大学等における化学物質管理の向上に寄与することを目的としています。

発表形式:  パネルディスカッション形式
発 表 者:  パネラー
         北海道大学   川上 貴教  総論
         静岡大学    中山 政勝   各論、質問票集計結果報告
         株式会社PFU  逸見 正行  各論
         大阪大学    角井 伸次   各論
         茨城大学    塙 浩之    各論
         東京大学    林 瑠美子   各論
         金沢大学    吉崎 佐知子 各論
        コーディネータ
         新潟大学    藤井 邦彦

参加費用:  無料
申込方法:  参加票兼質問票(MS Wordファイル)にご記入のうえ、メールにて平成24年6月15日(金)までに田平(長崎大学)まで申し込みください。(申し込み先E-mailアドレスは参加票兼質問票をご覧ください。)
情報提供のお願い:今回の研究集会の趣旨にご賛同頂ける場合は、研究集会にご参加頂けない場合も可能な範囲で情報提供頂けますようお願い申し上げます。なお、質問票にご回答および送付頂きました機関には後ほど研究集会の資料を送らせて頂きます。

以上


研究集会案内&参加票兼質問票(PDFファイル)

[ 戻る ]